メンズ

廃液処理のコストカットができるバイオサークル|企業が注目する機械

分注作業が楽になる

ディスペンサーボトル

臨床試験や実験を行なう場合、問題となるのが試験管などへの分注作業です。手で用いる旧来のピペットを使う場合、たくさんの試験管へ溶液の分注するのは時間と精度に問題が生じます。旧来のピペットでは、流しこむ溶液の量を目盛りで一つ一つ確かめながら分注します。数十個もの試験管へ分注する場合、目視での確認は膨大な時間のロスに繋がります。また、溶液を流し込む場合にも手の感覚を頼りに流すため、精度において難が現れることがあります。うっかり溶液を流し込みすぎると、また一から実験をやり直すはめになる場合もあるため、問題なのです。溶液の分注を機械制御でできるディスペンサー機器ならば、迅速かつ精密に分注作業ができるでしょう。機械が吸い出す溶液の量を精密に測り、分注させられるので、ミスなくスムーズに試験や実験ができます。排出や吸引のスピードも調整できるので、粘度が高い溶液でも簡単に分注作業ができるのです。

最近多くの研究部署で購入されているのが、ボトルトップディスペンサーです。薬品を入れた容器に直接取り付けることができるので、溶液を使用する際に迅速に分注作業を行なうことができるでしょう。揮発性の高い薬品でも、容器を開けっ放しにせず溶液を取り出せるので、非常に便利な器具なのです。特に人気のボトルトップディスペンサーは、オートクレーブでの利用も可能なタイプです。菌やウィルスを熱によって殺菌するオートクレーブは、実験器具の洗浄には欠かせない機器です。しかし、耐熱性の高い器具にしか使用ができないので、バイオ関連の研究部署ではオートクレーブに使えない器具はアルコール消毒などによって対応するしかありませんでした。オートクレーブ耐用のボトルトップディスペンサーならば、わざわざアルコールで洗浄せずともオートクレーブを使って殺菌できるので、器具の洗浄も簡単にできるのです。